読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t-s-porta’s diary

サイキックリーダーが本職だが、占星術もお家の風水も美容も健康もと探究心が止まる所を知らない相咲 杏光のお仕事から日常までを幅広く書くブログです。

牡羊座の白雪姫裏話

こんちは( •ω•ฅ)

 

第一回牡羊座の白雪姫。

 

こんな占星術やってる人しか分からんようなお話を、面白いと言って下さる女神が何人もいてウハウハなわたくしです。

 

 

さて、主人公の白雪姫は牡羊座でしたが、

他のキャラクターにも裏設定が有ったのですよ!

 

少なくとも太陽と月星座はなんとなーく決めてたんですねー♪

 

決めてた人は

王子、王妃、小人の中のセリフ有りの子達。

 

 

まず王子。

彼はたまたま通りかかっただけです。

なのにお羊姫をもらい受けようとします。

いくら美しくても見ず知らずの得体の知れない人を受け容れられ、そしてついさっきまで死んでたのに生き返るなんてビックリ展開も受け入れる。

相当、面喰いで臨機応変な柔軟性、受容力が無ければできません。

彼の設定は太陽天秤、月魚です。

 

 

次に王妃。

一回殺すのに失敗したら諦めそうなのに、中々諦めませんでしたね(笑)

この粘着性と段々改良を重ね手が込んでくる手口。

太陽蠍、月乙女です。

 

 

 そして、小人達。セリフ毎に分かれていました。

(何故ここに居る!?お前は誰だ!?)と

(牡羊姫ー!死んじゃやだよー!)と言ったのは同一人物で、蟹座ちゃんです。

 

(いつもの無駄な生命力はどこ行ったんだよー!)

この子は双子座。牡羊姫とは軽口を言い合える仲でした。


(僕まだ君に唐揚げ争奪戦勝ててないのに・・)

この子は牡羊姫と同じ牡羊座

いつもご飯中は牡羊姫とデッドヒートでした。


(いつもみたいにめっちゃ早起きして僕らが寝てる寝てない関係なく動き回ってよー!)

この子は天秤座。早起きする牡羊姫にが気にはなっていたものの毎朝の楽しみでした。


(森のてっぺん取るって約束したじゃないかー!)

 この子は射手座。牡羊姫の相棒として今後の展開を夢見ていました。

 

 

次回からは良かったら脇役の星座も想像しながら読んでみてください♡